最近のトラックバック

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月

2009/11/29

SEV 移植

HONDA FIT I様

Dsc00008

SEVの移植です

足回り

Dsc00001
アブソーバー  にAL
ブレーキホースにホイールR
Dsc00002

Dsc00003
スタビリンクにホイールR
Dsc00004
ブレーキキャリパーにAL-R

エンジン
Dsc00007
Dsc00006
ヘッドバランサー
H-1 H-2 P-1

インテーク 燃料ラインにホイールR

装着後 劇的変化

I様 驚きです

またその後の感想が楽しみです!          SEV-YA 岡田       

2009/11/28

HONDA スパイク T様

本日の作業

下回りチューン

Dsc00020
整流版にアスリートデバイス2

Dsc00019

Dsc00022

ドライブシャフトにホイールR

変化が楽しみです                   SEV-YA 岡田

2009/11/22

Harley Davidson 

Dsc00013

センターオン

Dsc00010

クランク 1 2

Dsc00011

ステージ1

Dsc00012

エンジンがスムースに!

乗心地UP!

ハーレーがより快適に!    SEV-YA 岡田

2009/11/20

VW トゥーラン H様

Dsc00006

本日の作業

       スタビリンクにホイールを

       リンク+2をラジエターのアッパーホースに

スタビリンク

Dsc00001 Dsc00002

リンク+のオイル(液体)にきく特性があるので

ラジエターの液には?

という事で

ラジエターのアッパーホースに!

Dsc00006

効果は?

H様楽しみですね!     

本日はありがとうございました             SEV-YA 岡田

2009/11/19

SUBARU LEGACY O様

本日の作業

       クランクC-1
       スタビに ホイールR装着

クランクに!

Dsc00008

フロントスタビ

Dsc00009

リヤスタビ

Dsc00007

乗心地や低速のトルクの変化が楽しみですね

また 遊びにいらしてください             SEV-YA 岡田

2009/11/13

入荷しました!!

オーディオ用SEV

Dsc00007

早速オーディオをセット!

Dsc00008

電源ケーブルに挟み込んで!

Dsc00010 

とりあえず?

Sブロックでアンプを囲んで…
基本?
近くにあったから

では 視聴です!

凄く良い音

聞いていて疲れなくて、自然です

「目の前で生演奏をしている!」

と、言っても いいでしょう

興味のある方 是非 耳で感じてください!     SEV-YA 岡田

2009/11/09

オーディオ用

オーディオ用SEV登場!!

Pa050005 Pa050004

基本形状はSEVバッテリーのサイズですが

中心部の作りが違い、アクリルで中身が見えます。

家・車のオーディオは音がかなり良くなります。

専門家は絶賛です。名門大学教授のコメントを添付します

オーディオ用SEV レポート 

メイン電源につけただけでここまで違うとは!
音の抜けが格段に違う。
抜けといっても高域が強調されるわけではなく、分離が良くなる。
楽器が複数になった時どうしても音同士が干渉し、濁った音になりやすい。
それを各楽器それぞれが独立した響きを作り出してくれる。
もともと音源に入っているものを忠実に再現してくれているとも言えるであろう。
その結果、音全体のバランスが良くなっている。
どんな音源を再生するかによって違うであろうが
上品なサウンドに仕上がっているものに対してのフィディリティーは
特記すべきものがある。
分離が良いために定位が決まってくる。
音が混ざり合って定位のはっきりしないアンプにこそ効果があり、定位を再現することにより音の拡がりへとつながっていく。
また、限界までのレベルで録音されたものは、最大音量時にどうしても歪みがちになる。
それはアンプの限界を超えてしまう場合が多いのであるが、極力それを抑える効果もある。
大音量で聞きたい場合なども歪率を大きく引き下げる効果がある。
ポップスなどでの録音では必ずリバーブ〈エコー〉がかかる。
これもどうしても濁ったものとなりがちであるが、それぞれの楽器ごとのリバーブとして独立して聞こえてくるのは驚きである。そのため音の伸び、抜けが格段に良くなるように聞こえるのであろう。
クラシックからジャズ、ポップス、ジャンルを問わず疲れない音が再現できるであろう。
電源がいかに音を濁らせ不安定なものであるかを再認識させられた。
                            2009 年6 月28 日
                    名門大学音楽部教授のコメント
        (先入観のない個人的な感想としていただきました)

大絶賛ですね!

いつも目に見えない部分ですが意外と盲点なのかもしれませんね

是非 聞いてみたいですね!             SEV-YA 岡田

2009/11/08

HONDA スパイク T様

本日の作業

空力に!

Dsc00019

アスリートデバイス1をボンネットの裏に

また感想をお願いします      SEV-YA 岡田

ホイールR

NISSAN シルビア S様

Dsc00012_2

本日の作業
       下回りの強化

ボディー

Dsc00001 Dsc00003 Dsc00008

ブレーキホースに!

Dsc00002 Dsc00004 Dsc00007

セッティングは如何でしょうか?

S様 また遊びにいらしてください   SEV-YA 岡田

HONDA ライフ I 様

Dsc00015

もう一台保有のストリームから外したSEVを装着!

ステージ1

Dsc00017 Dsc00011 Dsc00013

クランクC-1

Dsc00015

ホイールで!

Dsc00012 Dsc00018

お次のお車が楽しみですね!

また遊びにいらしてください     SEV-YA 岡田

2009/11/07

駆動系チューン

SUBARU LEGACY I様

Dsc012071

本日の作業
 ブレーキのマスターシリンダーにAL-R
 プロペラシャフトにホイールR

Dsc00041

ブレーキの操作が楽になりました!

I様のコメント頂きました

Dsc00042 Dsc00043

転がり抵抗軽減の為に!

駆動系チューンの参考に!

帰りが楽しみですよね!

いつも遠方よりありがとうございます   SEV-YA 岡田

SEV LINK+ 2

HONDA スパイク T様

本日の作業

        SEV LINK+ 2 CVTに!
        ビッグパワー リセッティング
        P-1をタイミングベルト側に!

Dsc00037

前回 SEV LINK+ 1をトルコン側に装着したので
今回は CVTのプーリーの近くへと装着!

Dsc00038

触媒の後ろから→前に移動!
トルクが

Dsc00040

CVTに装着していたのをこちらに装着!

T様 セッティングは如何でしょうか?

また感想をお聞かせ下さい     SEV-YA 岡田

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »